日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

DIC

 

播種性血管内凝固症候群、Disseminated intravascular coaguloation

種々の基礎疾患の存在下に血液凝固系が活性化され、全身の微小血管内に血栓形成が起こり、凝固系因子の消費および二次線溶亢進による著明な出血傾向を生ずる症候群。血管内に持続的に組織因子が流入する場合(悪性腫瘍、外傷、熱傷、手術)、敗血症・感染症、血管内皮障害(血管炎、全身性エリテマトーデス)などが発症原因となる。治療薬としてアンチトロンビン(ATⅢ)、ヘパリン、プロテアーゼインヒビターがある。(2007.6.27 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan