日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

非ステロイド性抗炎症薬

 

nonsteroidal anti-inflammatory drug,NSAID

ステロイド構造以外の、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬の総称。非オピオイド鎮痛薬の多くがこれに分類される。プロスタグランジン(PG)類を生成するシクロオキシゲナーゼCOX)を阻害することが共通の作用機序としてあげられる。COX-1,COX-2両者を阻害する代表的薬物として、イブプロフェン、ピロキシカム、アスピリンなどがある。COX1は胃壁に防御的に働くため、副作用として消化管障害が起こる。COX-2阻害薬(コキシブ系)は、胃への刺激が少ない。頭痛や生理痛、関節痛などさまざまな種類と程度の痛みを軽減するほか、解熱にも使われている。アセトアミノフェンは、臨床用量において抗炎症・抗リウマチ作用が認められないため、NSAIDに含まないことが普通である。(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan