日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

質量分析法

 

mass spectrometry(MS)

マススペクトロメトリー(MS, 質量分析)法は、化合物の分子量や分子構造情報などを得るための手法である。質量分析計に導入された化合物は、イオン源にてイオン化され、質量分析部においてm/z(mは質量、zは電荷)に基づいて分離され、イオン検出器によって検出される。導入部に様々なクロマトグラフィーを用いることにより、混合試料から1つ1つの成分についての分析が可能である。また、イオン化法(EI:電子イオン化法、FAB:高速原子衝撃法、APCI:大気圧化学イオン化法、ESI:エレクトロスプレーイオン化法、MALDI:マトリックス支援レーザー脱離イオン化法など)および質量分析部(二重収束磁場型、四重極型、飛行時間型など)等の組み合わせにより、低分子の有機化合物だけでなく、分子量10万以上のタンパク質の分子量の決定、ペプチドや多糖類の配列決定などにも用いられる。分解能を高く設定出来る質量分析装置では、イオンの質量を小数点以下4桁まで測定することにより、イオンの元素組成を求めることが可能である。

MSは日本薬学会発行の4論文誌でスペルアウト不要の略語である。(2007.3.23 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan