日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

血圧

 

blood pressure

血圧とは、血管(動脈)の内圧で水銀圧(単位はmmHg)で表わされる。主として、心臓の収縮力、循環血液量、血管壁の弾力性により決定される。収縮期血圧(最大血圧)は心臓収縮が最大になったときの圧であり、心臓が拡張し最も低下した時の圧を拡張期血圧(最小血圧)という。最大血圧と最小血圧の差を脈圧といい正常値は30 mmHg以上である。正常血圧は最大血圧130 mmHg、最小血圧85 mmHg未満であり、それぞれ140 mmHg、90 mmHg以上で高血圧と診断される(高血圧治療ガイドライン2004、日本高血圧学会)。日本人の高血圧人口は、人口の20%以上、約2,500-3,000 万人いるといわれている。高血圧が続くと動脈硬化の進行、脳卒中(脳硬塞や脳出血)や虚血性心疾患狭心症と心筋硬塞)、腎不全などの原因となる。 (2006.10.4 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan