日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

血中薬物濃度

 

blood drug concentration

投与した薬物の血液中の濃度。測定法には免疫学的な方法や高速液体クロマトグラフィー法(HPLC)などがある。血液中の薬物濃度は、血球中薬物濃度、血漿中薬物濃度に区分される。多くの薬物では全血液中の薬物濃度の測定は技術的に困難であり、血漿中薬物濃度あるいは血清中薬物濃度を測定し、血中薬物濃度としている。血球中薬物濃度が高く無視できない場合には、全血中の薬物濃度を測定する。

静脈投与以外の方法で与えられた薬物の血中濃度は、一定時間後に最大濃度に達しその後減衰する。最高血中濃度(Cmax)は薬物投与後の最大血中濃度を、最高血中濃度到達時間(Tmax)は最大濃度に達するまでの時間、血中濃度半減期(T1/2)は薬物の血中濃度が半分になるまでの時間であり、これらは体内動態の指標となる。体循環血液中に入った薬物量は直接測定することができないので、血中濃度の時間経過を表した曲線(薬物血中濃度-時間曲線)と、横軸(時間軸)によって囲まれた部分の面積(AUC: area under the blood concentration time curve)が、体内に取り込まれた薬の量を示す指標として用いられる。

同一用量の薬剤を服用しても、吸収,組織分布,肝代謝,腎排泄など薬物体内動態の個人差により、血中薬物濃度は等しくならないことがある。一方、同一の血中薬物濃度となっても各個人の感受性の違いにより、薬理効果・副作用発現の程度が異なる場合もある。(2008.8.12 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan