日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

羽ばたき振戦

 

アステリクシス、asterixis、flapping tremor

腕を伸ばしたり手を広げたりしたときに、粗くゆっくりとした不規則なふるえが起こる。筋肉の緊張が突然かつ一時的に失われるために起こるものであり、手が素早く下がった後に元の位置に戻る動きが鳥の羽ばたきのように見えることから、羽ばたき振戦とよばれる。肝機能障害が原因であることが多く、典型的なものは肝性脳症の早期に見られるが、腎不全や代謝異常による脳障害(脳症)によっても起こることがある。(2008.2.7 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan