日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

細胞

 

cell

外部の環境を隔離する膜構造に囲まれ、内部に自己再生能を備えた遺伝情報とその発現機構を持つ生命体である。単細胞生物では細胞そのものが個体となるが、多細胞生物においては細胞は組織を構成する生命の基本単位である。細胞分裂静止期に核膜に包まれた核をもつ細胞を真核細胞、もたない細胞を原核細胞という。遺伝情報の実体としては、DNAを共通に用いている。DNAは原核細胞では細胞質に存在するが、真核細胞では核膜で囲われた核構造内でヌクレオソーム構造を形成している。核内には、主にリボソームRNAを合成している核小体がある。真核細胞細胞膜に囲われた細胞質には、主にATPを供給するミトコンドリア、タンパク質合成に携わるリボソーム小胞体、分泌顆粒を形成するゴルジ体、不要物を分解するリソソームのほか、ペルオキシソームや葉緑体(植物細胞のみ)などの細胞小器官が混在している。細胞全体の形態は、微小管やマイクロフィラメントなど細胞骨格と呼ばれるタンパク質集合体によって保持されている。原核細胞や植物細胞では、細胞膜の外側に細胞壁があり細胞形態の決定に役立っている。細胞を表す“cell”の由来は、17世紀、ロバート・フックがコルクの小片を観察し、多数の中空構造を小部屋を意味する“cell”と命名したのが始まりとされる。(2006.10.11 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan