日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

多環芳香族炭化水素/ニトロ多環芳香族炭化水素

 

polycyclic aromatic hydrocarbon;PAH/nitropolycyclic aromatic hydrocarbon;NPAH

PAHとは,芳香環が2つ以上縮合したもので,石油や石炭等の有機物の燃焼時に副生成する.気体としてだけでなく,粉塵に吸着して大気中に放出されるものも多い.代表的なものにbenzo[a]pyreneがある.また,PAH の一部は空気中の窒素や有機物中の窒素と反応してニトロ化し,NPAHとなる.これらは非意図的生成化学物質と呼ばれる.PAH, NPAHの中には,発がん性,変異原性,内分泌撹乱作用を有するものがある.自動車の多い都市や工場の多い工業地帯では,PAH, NPAHを含む大量の排煙による肺がんや喘息等の疾患の増加が,大きな社会問題になっている. [FYI用語解説(ファルマシアVol.40,No.3)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan