日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

分岐鎖アミノ酸

 

branched chain amino acid、BCAA分枝鎖アミノ酸

 タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、ヒトの体内で合成できない9種類を必須アミノ酸という。そのうち側鎖に枝分かれした炭素鎖をもつアミノ酸、すなわちバリン・ロイシン・イソロイシンを分枝鎖アミノ酸BCAA)という。

 筋肉を構成している必須アミノ酸の約35-40%がBCAAで、筋肉のタンパク質分解を抑制するといわれている。筋肉内に蓄積され、活動する際にはエネルギー源となることから、運動時に摂取すると良いと考えられている。大豆・チーズ・マグロの赤身などに、100 gあたり4-7 g程度と多く含まれているほか、BCAAを含むサプリメントも市販されている。

 BCAAが低下する肝硬変や肝性脳症の患者では、アンモニア生成抑制の観点から低タンパク食を求められるものの、窒素バランスを維持するために健常者の1.3倍程度多くのアミノ酸を必要とすることから、BCAA含有製剤が開発され、臨床上使用されている。(2008.2.7 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan