日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

一酸化窒素

 

nitric oxide 、内皮由来弛緩因子EDRF

一酸化窒素(NO)は、生体内で合成され様々な機能を持つ窒素酸化物の一種であり、無色、無臭の気体である。不対電子を持つラジカル種ではあるが、ラジカルとしての反応性は低い。血管内皮細胞から産生されるNOには、血管拡張作用(降圧作用)があり、血管の内皮由来弛緩因子EDRF:endothelium-derived relaxing factor)と呼ばれていた。他に血小板凝集抑制作用(抗動脈硬化作用)、血管平滑筋細胞の増殖を抑制する作用、神経伝達などでの情報伝達作用、殺菌作用など多様な生理活性が報告されている。生体内では一酸化窒素合成酵素(NOS)によりアルギニンから合成されている。(2006.1.20 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan