日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ホルモン

 

hormone

 特定の産生臓器で合成され、血液循環を介して標的臓器に達して生理作用を発揮する物質。ホルモンを分泌(内分泌)する腺組織や臓器を内分泌腺あるいは内分泌器官と呼んでいる。内分泌系は、ホルモンが血液を介して遠隔の細胞に作用することが可能であり、神経系とともに生体の機能を調節する二大調節系をなしている。代謝や消化、性機能などの大切な生命活動はホルモンによってコントロールされている。このような内分泌器官としては、下垂体、松果体、甲状腺、上皮小体(副甲状腺)、膵島、副腎、生殖腺(性腺:卵巣、精巣)、消化管が挙げられる。ホルモンの分泌は生体内成分や神経の影響により調節され、恒常性を維持している。(2005.12.15 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan