日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ペプチド

 

peptide

アミノ酸のカルボキシル基(-COOH)とアミノ基(-NH2)がペプチド結合(アミド結合)でつながったものをペプチドという。アミノ酸残基の数によりジペプチド(2)、トリペプチド(3)、オリゴペプチド(3~10)、ポリペプチド(11以上)などと呼ぶ。タンパク質は長いペプチドである。ペプチドは生体内で様々な機能を発揮している。特にペプチドホルモン情報伝達において重要であり、医薬品のリード化合物となっている。(2006.1.20 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan