日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

デオキシリボ核酸

 

DNA

生物の遺伝情報を担う化学物質で、デオキシリボース、塩基(プリンあるいはピリミジン)およびリン酸からなるヌクレオチドの重合体。デオキシリボースの3′位と5′位がリン酸ジエステル結合を介して重合することによって方向性のある骨格を形成する。デオキシリボースの1′位に結合する塩基は、アデニン (A)、グアニン (G)(プリン塩基)、あるいはチミン (T)、シトシン (C)(ピリミジン塩基)である。このDNA鎖2本が互いに逆方向、かつ塩基を内側にした右巻き2重らせん構造をとり、その際アデニンとチミン、グアニンとシトシンが、それぞれ3本および3本の水素結合によって対合するため、一方のDNA鎖の塩基配列が分かれば他方の塩基配列は自動的に決まり、これによってDNAの2本鎖は互いに相補的であるという。いわゆる遺伝情報とはDNAの塩基配列であり、タンパク質のアミノ酸配列情報をもつ部分である構造遺伝子やその発現を制御するプロモーター領域などが存在している。 (2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan