日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ダイレクトOTC薬

 

direct OTC drug

医療用医薬品として承認された新規有効成分が,ダイレクトに(直接)一般用医薬品として承認されたもの。通常は、ある一定期間医療用として使われて審査が行われた後にOTC薬としての使用が承認されている(スイッチOTC)。2008年12月現在で,ダイレクトOTC薬として承認を受けているのはミノキシジルのみである. (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan