日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

セント・ジョンズ・ワート

 

St. John's wort

セント・ジョーンズ・ワート(St. John's wort)は、ヨーロッパや中央アジアに広く分布するオトギリソウ科の多年草のセイヨウオトギリソウ(Hypericum perforatum)という植物種を指す。ハーブとして、抑うつ症、不安、無感動、睡眠障害、不眠症、食欲不振、自信喪失など多くの精神的症状に効果があるとされる。日本やアメリカなどではサプリメントとして販売されているが、ドイツでは医薬品として扱われている。本成分を含む製品の摂取により、シトクロムP450CYP3A4やCYP1A2分子種などの酵素誘導が起こり、インジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心薬)、シクロスポリン免疫抑制薬)、テオフィリン(気管支拡張薬)、ワルファリン(血液凝固防止薬)、カルバマゼピンなど多くの医薬品の代謝が亢進し、その薬理効果が減弱することが知られている。 (2005.10.25 掲載)(2009.8.12 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan