日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

スクイズ力測定装置/ピンチ力測定装置

 

 有効性および安全性の面から,点眼液は点眼容器から正確かつ精度良く滴下され,1滴量は結膜のうに保持可能な容量(約30μL)であることが望ましい.スクイズ力測定装置は,点眼容器から1滴を滴下するのに要する力(スクイズ力)を評価する装置であり,1滴量や滴下精度を精度良く定量的に測定することができる.

 一方,人の指が点眼容器をつまむ力(ピンチ力)は個人差があり,特に高齢の患者が多い疾患ではピンチ力を考慮した容器設計が必要となる.ピンチ力測定装置は,人が点眼容器を2本の指で押す力を評価する装置であり,前述のスクイズ力測定装置と組み合わせることによって,安全性および使用性に優れた点眼容器を設計することができる.(2013.06.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan