日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

グルココルチコイド

 

Glucocorticoids

副腎皮質の束状帯の細胞で産生されるステロイドホルモン。コルチゾール(ヒドロコルチゾン)やコルチゾンなどがある。肝臓での糖新生(Gluconeogenesis)促進作用により、血糖値を上昇させる。外傷、感染、リウマチ等による組織の炎症反応はグルココルチコイドによって抑制される(抗炎症・抗アレルギー作用)。

これは、蛋白分解酵素を含んだライソゾーム顆粒膜の安定化、毛細血管壁の透過性低下、炎症組織への白血球浸潤の抑制等の作用による。また身体的・精神的ストレスを受けるとACTHの分泌が亢進し、その結果、糖質コルチコイドの分泌が増加して抗ストレス作用を発揮する。グルココルチコイド細胞内でグルココルチコイドレセプターと結合し,種々遺伝子の転写制御を行う.産生異常によりクッシング病(分泌過剰),アジソン病(分泌低下)などを生じる.臨床ではプレドニゾロン,デキサメタゾン,ベタメタゾンなどの合成ステロイド薬がよく用いられる.(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan