日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

キレート試薬

 

chelating reagent

金属イオンを分離あるいは定量する目的で,多くのキレート試薬が開発されている.キレート試薬の中には金属イオンと反応して発色するものがあり,金属イオンの比色分析試薬として利用されるものもある.また,8−キノリノール,ジチゾンなどは,抽出キレート試薬(抽出キレート剤)とよばれる. 抽出キレート試薬と反応して生成するキレートの電荷がゼロである場合, キレートが有機溶媒に抽出されることに基づいている.クラウンエーテル,サイクラムなどは大環状キレート試薬とよばれている. これらのキレート試薬やキレートは,分析用試薬,医薬品(放射性医薬品MRI用造影剤,重金属排泄剤など),農薬,触媒,イムノアッセイ用蛍光標識剤,細胞内カルシウム,亜などの蛍光プロープ,食品添加物,写真用処理剤,シャンプー,石けんなどに広く利用されている.(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan