日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

オートファゴソーム

 

autophagosome

 オートファゴソームとは,タンパク質分解系の1つであるオートファジーの主要なシステムの(マクロ)オートファジーにおいて現れる二重膜で囲まれるオルガネラである.栄養飢餓などの外部刺激により(マクロ)オートファジーが誘導されると,オートファゴソームが隔離膜(isolation membrane)と呼ばれる膜構造から形成され,細胞質成分や一部のオルガネラを取り囲む.その後,オートファゴソームの外膜がリソソーム膜や液胞膜と融合し,オートファゴソームの内膜ごと分解酵素により分解される.隔離膜およびオートファゴソームの膜脂質の由来については,現在のところ諸説ある.(2013.06.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan