日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

インスリン抵抗性

 

インスリンの標的臓器(骨格筋,脂肪組織,肝臓)において,その作用効率が低下している状態.近年,肥満が基盤となって,全身のインスリン抵抗性が惹起され,糖尿病高脂血症,高血圧の発症につながり,これらがリスクファクター群となって動脈硬化性心疾患を引き起こしていることが明らかとなった.このような状態は,インスリン抵抗性症候群,マルティプルリスクファクター症候群,あるいはメタポリックシンドロームとして概念づけられている.肥満が全身のインスリン抵抗性を惹起させるメカニズムはすべてが明らかにはされていないが,肥大脂肪細胞より多く分泌される遊離脂肪酸,TNF-α,逆に肥大脂肪細胞からその産生低下の起こるアディポネクチンなどの,アディポサイトカイン産生異常が深く関わると考えられている.[FYI用語解説(ファルマシアVol.40,No.2)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan