日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

インシデント

 

インシデントとは、一般的には、ある小さな出来事のことを意味する。医療の現場においては、患者に傷害を及ぼすことはなかったが、日常診療の場でヒヤリとしたりハッとした事象をいう。例えば、事故が起こりそうな状況に前もって気づいた事例や、誤った措置が実施される前に気づいた事例、誤った措置が実施されたが何ら影響のなかった事例などである。 一方、医療従事者が予想しなかった悪い結果が患者に発生した事象をアクシデントといい、インシデントと区別する。アクシデントは不可抗力による事例や患者自身による自傷行為、微少な擦過傷から死亡(自殺を含む)など、患者にわずかでも影響が生じた事象を対象とする。(2014.7.更新)[FYI用語解説(ファルマシアVol.40,No.6)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan