日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

イソシアナート

 

Isocyanate

イソシアナートケテンの一般式はR-X=C=Oであり、XがNの場合がイソシアナート、XがCRの化合物がケテンである。いずれも-X=C=Oは直線構造であり、中心炭素の部分正電荷(δ+)は高く、カルボニル基と同様の反応性を示す。  一般式 R-X=C=OのR-XがOの場合が二酸化炭素(O=C=O)であり、二酸化炭素も直線構造で、中心炭素は部分正電荷を持つ。(2006.6.27 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan