日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

イオン結合

 

ionic bond          

カチオンとアニオンの引合い(クーロン力)による結合をイオン結合という. 1族、2族の原子は最外殻から電子を放出しやすく、安定な希ガスと同じ電子配置となる。これに対し電子親和力の強い17族のハロゲンなどは、電子を受け取り安定な希ガスと同じ電子配置となる。電子を放出しやすい原子と電子親和力の高い原子の間で、電子が移行してカチオンとアニオンの結合ができる。複数個の電子の移行も可能であり,カルシウムは2個の電子を放出して二価のカルシウムイオンとなる. たとえば1個のカルシウム原子と2個の塩素原子が相互作用してCa2+2Clという塩を形成する.(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan