日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アンテドラッグ

 

Antedrug

科学的修飾により作用増強された局所適用の外用剤として用いられる薬物.投与部位では活性を有し,体内に入ると速やかに代謝されて不活化するか、または活性が低くなる.全身的副作用を軽減する目的で開発された薬剤。プロドラッグとは逆の機構のもの.(2008.12.15 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan