日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アンジオテンシン変換酵素阻害薬

 

angiotensin converting enzyme inhibitor, ACE inhibitor

アンジオテンシン(アンギオテンシン)IからアンジオテンシンIIへの転換に関わるアンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害し、降圧効果をもたらす高血圧治療薬。アンジオテンシンIIは血管収縮、副腎からのアルドステロン分泌を介して血圧を上昇させる。ACEはキニンの分解に関わるキニナーゼIIと同一の酵素であり、ACE阻害薬はブラジキニンの分解抑制作用もあり、これも降圧効果に関わっていると考えられている。カプトプリル、エナラプリル、イミダプリルなどがある。(2005.12.15 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan