日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アミノ酸経路

 

amino acid pathway

基本骨格に含まれる窒素がアミノ酸由来である生合成経路はアミノ酸経路とよばれ多くのアルカロイドがこれに当てはまる。生合成の出発物質は、オルニチン、リシン、チロシン、トリプトファンなど限られたアミノ酸であり、脂肪族アミノ酸であるオルニチンからトロパン骨格が構築され、副交感神経遮断作用を持つヒヨスチアミンやスコポラミン、麻薬であるコカインなどのトロパンアルカロイドが生成される。また、リシンを出発として駆虫薬のイソペレチエリンやマメ科クララに含まれているマトリンが生成される。一方、芳香族アミノ酸であるチロシンからはモルヒネなどのアヘンアルカロイドが、また、トリプトファンからはエルゴタミン、エルゴメトリンのようなバッカクアルカロイドや、変形モノテルペンであるセコロガニンとの縮合により降圧薬、鎮静薬のレセルピンや、抗不整脈薬のアジマリンなどが生成される。(2006.10.17 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan