日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アミノ酸

 

amino acid

同一分子内にカルボキシル基とアミノ基を有する化合物.ただし,プロリン,ヒドロキシプロリン(イミノ基を持つ)もアミノ酸とみなす.カルボキシル基が結合している炭素(α-C)を基準に,2位,3位および4位にアミノ基が結合しているものをそれぞれ,α-,β-およびγ-アミノ酸として区別する.タンパク質を構成する約20種のアミノ酸はα-アミノ酸で,R-CH(NH2)COOHの構造で表される.グリシン以外のアミノ酸は少なくとも一つの不斉炭素原子をもつため,D,L-アミノ酸に区別されるが,生体内のアミノ酸のほとんどがL型である.アミノ酸は分子内に少なくとも1個ずつのアミノ基とカルボキシル基を含んでいるので,酸としても塩基としても作用する.微生物や植物ではタンパク質合成に必要なアミノ酸のすべてを生合成できるが,動物では約半数を食餌によって摂取しなければならない.このようなアミノ酸を必須アミノ酸という.(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan