日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アトピー性皮膚炎

 

atopic dermatitis

憎悪、寛解を繰り返す掻痒のある湿疹を主病変とする疾患。患者の多くは家族歴・既往歴として気管支ぜん息アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎などの疾患またはIgE抗体を産生しやすいというアトピー素因をもつ。遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であるため、疾患そのものを完治する薬物療法はなく、対症療法をおこなう。悪化の原因として、花粉、ハウスダスト(ダニ抗原)、ふけなど、アレルゲンの関与が疑われるが、多因性の疾患であるため、アレルゲン除去のみでは完治は期待できない。ストレスなどの精神的要因もあげられ、掻くことに依存が見られる場合は、心身両面からの治療が必要となる。また、生活習慣として、皮膚を清潔に保つ、室内を清潔に保つ、規則正しい生活、暴飲暴食を避けるということも重要である。(2005.10.25 掲載)(2009.11.13 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan