日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アディポネクチン

 

adiponectin

アディポネクチンは、脂肪細胞で産生され分泌されるアディポサイトカイン(アディポカイン)の一種であり、30 kDaのタンパク質である。血中濃度は5-10 μg/mlに達する。肥大化した脂肪細胞からの分泌量は少なく、2型糖尿病メタボリックシンドローム、冠動脈疾患の患者では血中レベルが低下している。アディポネクチン受容体には骨格筋に多いAdipoR1と、肝臓に多いAdipoR2が報告されている。アディポネクチンの作用として、インスリン感受性の亢進、動脈硬化抑制、抗炎症、心筋肥大抑制などが報告されている。近年、肥満によるインスリン抵抗性増大に関わる因子として注目されている。(2007.8.31 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan