日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アジ化ナトリウム

 

sodium azide

NaN3,分子量65.02.毒物として指定されている。衝撃や重金属との反応で爆発性があり、防腐剤や自動車用エアバック起爆剤などに利用される。経口,吸入,経皮の経路において毒性がある.ミトコンドリアのシトクロムcオキシダーゼを阻害し,細胞呼吸を阻害するためとされている.中毒症状としては,中枢神経症状,循環器系症状,呼吸器系症状などがあり,吸入による急性毒性は,眼痛,頭痛血圧低下,気管支炎,脱力感などである.ACGIHによる許容濃度(1998)は,0.11ppm(0.3mg/m3)とされている.(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan