日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

アゴニスト

 

agonist

受容体に結合し,生体内物質と同様の細胞情報伝達系を作動させる薬物。アゴニスト受容体と結合すると受容体の立体配座の変化が起こって生体応答反応をひき起こす。生体内物質と同様に完全な活性を発揮するものをフルアゴニスト、部分的な活性しか示さないものを部分アゴニストと呼ぶ。環境ホルモンでは、合成ホルモン剤であるジエチルスチルベストロール(DES)やp-オキシPCB(PCB代謝物)は女性ホルモンアゴニストとして作用することが知られているが、その作用の強さは女性ホルモンに比べかなり弱い。(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)

 


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan